喜多縛りコレクション

喜多縛りコレクション203

東京縛られ夫人さばみ

さばみのチャームポイントは目だ
くるりとして涙が多めのエキゾチックな目をしている
そんな魅力的な目をしているのに
あまり視線を合わせようとしない
ここがさばみの心の闇なのだろう
普段は気さくに誰とでも話をして
下ネタからおもしろエピソードまで
屈託もなくざっくばらんに語るのだけれどね
イケメンが苦手と言い
どこか自分に自信がないらしい
いいやいい女だよお前は
もっとイケメンをガンガン責めなさい
とっても痴女でM女なさばみさん

7月31日東京四谷での逝かせ縄ライブにてさばみはまた大泣きすることでしょう
あの魅力的な目から溢れる涙を是非ご覧ください。
*今回のチケットは全ての席が完売となっております。ありがとうございます。















































 

キュレーター紹介

独自に染め上げた色鮮やかな染め縄を使った緊縛が特徴。自身も緊縛師として全国で活動する傍ら、日本におけるBDSM(bondage, dominance and submission, sadomasochism)に関する文化や価値観を改めるための活動を精力的に行っている。当Webメディア「SMLuxury(エスエムラグジュアリー)」では、編集長としてBDSMに関する情報発信を行う。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません