その他

エロスのお作法〜女の勘、観察〜

人の気持ちは分からないのに人の変化には気づきます。


勘ではなく観察。
疲れていたり寝不足だと顔色に出る。声が微妙にかすれている。そう感じて問う時もあれば、何もせずただ優しく見守る時もある。話をしたり一緒に寝たりすると私のウザさが際立ち気に触るだろうから、なるべくじーーっとして過ごす。私に苛ついているのも飽きれているのも目の輝きで分かる。まあ、そんな気持ちにさせたのは私、張本人ですから反省すべきですが帰る選択肢は無い。気まずくて苦しくても帰ってはいけない。二人の間に流れる気が変わるからいつも通り、でも少し静かに同じ時間を過ごすの。

温かいお茶とおやつを食べるの。
彼の気持ちは離れている事に気付く。

これは勘。
ああ、私なんて眼中にない。そう感じてもいつもの通り一緒に過ごすだけ。
騒ぐ事はしない。もう飽きたから。その辺の女と一緒にしないで。私が犯した事だから仕方ないの。過去は変えられない。未来を変えていくしかないのよね。私とあなたの積み重ねなのよね。何故かチクリと刺さる言葉。どうしてそんな事言うの?私と一緒にいたくないのかな?聞くのも野暮だし心にしまっておく。つまらないことで言い争うのは疲れる。心が疲れる。
私の気のせい?自分を誤魔化しても私が彼と一緒に居たいのだ。自分勝手が発動する。ごめんが多くなる。すがりつく事はしたくない。確信的なトドメの一言で去るだけ。
そんな風に女性は感じても大体男性はあっけらかんとしている。何も思ってないし感じていなかったりする。ただ単に忙しかったり、そのせいで気が立っていたりするだけ。仕事が落ち着いてひと段落ついたらほら元通り、いつもの貴方。
だから拗ね損しないようになるべくいつも通り過ごす。例え浮気されてもブロック、ミュートされても同様、いつも通り過ごすのみ。なんだっていいの。側にさえ居られたら。


どうしてこんなにひねくれた?厄介な恋ばかり、泣いてばかり。そんな男しか愛せないんだよな。私より変態で私より数段上位で無ければならない。ただの年上じゃ嫌。つまらない。
濡れない。泣けない。どう判断するかはただ一つ。「勘」のみ。馬鹿?
出会った瞬間が大切なの。ああ、この人となんかある、一目でどうにかなるって感じる。外した事は無い。その時にはもう既に恋に落ちているの。振り向かせたいその一心で夢中でお喋りをする。どう思われているのかな?気になるけど直ぐになんて聞けないよね。必死で目で訴える、「気付いて」。
私は直感を信じる派。だから離れたくない。離さない。未知の領域、きっと最後はこうなるなと初めに描かれる。それに沿って進みたくなる。意思と反して絶対嫌な結末がよぎる時もある。
その方向へ進まない様必至に未来を操作する。無駄な抵抗なのか操作が上手くいったのかは誰にも分からない。

何も感じずまあいいか、と妥協すると身が入らずすぐ終わる恋。萌えもせず興味も湧かず男性の方からお断りが入る。セックスも退屈。それどころか身体は拒否反応を起こしキモいとしか思えない。そんなもんだ。時間の無駄だ。萌えない男とは寝ない。抱かせない。
こんな事を書いてたら「こっちから願い下げだ!勘違いすんじゃねーぞ!ブス!」なんて声が聞こえてくるわ。ええ、いいですとも。私が見ているのは一筋の光、彼だけですから。

私は今日もあてにならない勘に惑わされてくだらない時間を過ごしている。
泣いたり笑ったり忙しい女をどうか愛して下さい。

ake








 

キュレーター紹介

ake

イメージコンサルタント、ベリーダンサー、モデル、変態の四足のわらじを器用に履きこなします。どうして私が『見た目』にこだわり『美の追求』をし、『素敵に歳を重ねる』事に趣を置くのか。そしてSMとの出会い、緊縛が私に与えてくれたもの。 考え事と妄想の交差点。読書をして恋をし、電車に乗っても恋をする。恋多き女とは私の事ね。

会員登録をすると
コメントを投稿する事ができます

ログインする 会員登録

コメント

この記事に対するコメントはまだありません